宿泊予約のキャンセル・再予約
楽天トラベルでの宿泊予約のキャンセル・再予約

楽天トラベルでの宿泊予約を一度キャンセルして、同じホテルに再予約してみました。

楽天トラベルから予約できるホテルの中に、同じホテルの同じプランでも日々価格が変動するものが多数あります。

今回の場合は、2週間前に予約した12,000円のホテルが1週間前には全く同じプランで9,500円になっていました。需要と供給の関係で日々価格が変動することは重々承知しているのですが、値下がり率約20パーセント、金額にして2,500円はあまりに大きく感じました。

そこで思いついたのが、2週間前の12,000円の宿泊予約を一度キャンセルし、9,500円の宿泊予約することはできないのだろうかということです。うまくいけばモーニングとランチ代が捻出でき、お釣りまでついてきそうです。

ということで、宿泊予約を一度キャンセルして、同じホテルに再予約してみることにしました。

まずキャンセルにあたっては、宿泊予約の内容によって異なるキャンセル料について内容を十分に確認する必要があります

今回の宿泊予約の場合のキャンセル料は下記のとおりでした。
当日15時から:80%
前日     :50%
2日前から  :30%

つまり今回の宿泊予約の場合は、2日前まではキャンセル料がかからないということです。
(※このキャンセル料は、あくまで今回の宿泊予約をキャンセルした場合であって、宿泊予約ごとにキャンセル料は異なりますので、ご自身で宿泊予約の内容を十分に確認するようにしてください。かなり前からキャンセル料がかかることも多々あります)

重要なポイントとして、宿泊予約をキャンセルして同じホテルの同じプランに必ず再予約ができる保証がないということです。宿泊予約をキャンセルして再予約するまでに他の人に予約されてしまう可能性が0ではありません。どうしてもそのホテルに泊まりたい場合や他に泊まるホテルがない場合にはおすすめできません。

今回の場合、どうしてもこのホテルに泊まる必要があるわけでもなく、再予約できない場合でも少し高くなるが近隣のホテルに泊まることはできそうな状況だったので、宿泊予約を一度キャンセルして、同じホテルに再予約してみました。

結果、無事に2週間前の12,000円の宿泊予約をキャンセルして、9,500円の宿泊予約を再予約することができました。クレジット決済でしたが、宿泊予約分はキャンセル扱いとなり再予約分が請求されていました。

更新日:2018年12月7日
決算月・決算日一覧&検索で銘柄の決算月一覧を見ることができます。
簿記仕訳ドリル(初級・初歩)で簿記仕訳の(初級・初歩)を勉強できます。
楽天トラベルでの宿泊予約のキャンセル・再予約
(C)Diamondsystem